Loading...
イタリアで、2016年に下院議会で同性カップルの結婚に準ずる権利を認める「シビル・ユニオン」法が可決されたことを受けて、ニューヨークのオフ・ブロードウェイでロングラン上演された大ヒット舞台「My Big Gay Italian Wedding」が、イタリアのコメディ映画界の重鎮アレッサンドロ・ジェノヴェージ監督によって遂に映画化!ゲイカップルとそれをなかなか認められない親世代との世代間ギャップが巻き起こす大騒動を通して描く、自分の中の偏見や差別に上手く向き合えない全ての人たちに贈る、21世紀の今を生きる家族の物語。
本作の舞台となるイタリア、ラツィオ州に位置する分離集落「チヴィタ・ディ・バニョレージョ」は、『天空の城ラピュタ』(86)のモデルともいわれ、映画『ホタルノヒカリ』(12)にも登場した崖の上にそびえる「天空の村」、イタリア国内でも屈指の絶景を誇る有数の観光地だ。アントニオの母アンナは息子たちのために、この特別な地での結婚式を計画、ウェディング・プランナー(イタリアで今最も人気を集める実在の“カリスマ”ウェディング・プランナー、エンツォ・ミッチョが本人役で登場!)を雇い、村中を巻き込んで、まだ誰も見たことのない最高の結婚式を挙げようと奮闘する。 常にクスクス、時に大爆笑させながら、誰もが人生を自分らしく生きられる素晴らしさ、多様性を互いに認め合うことがみんなを生きやすくするというシンプルなことを、最高にハッピーな後味と共に実感させてくれるロマンティック・コメディ!
役者としてベルリンに暮らすアントニオは、恋人で役者仲間のパオロに“人生を一緒に歩んでいくならこの人”と確信し、遂にプロポーズ。2人は結婚を決意するが、問題は互いの親の理解を得る事。パオロはゲイであることをカミングアウトして以来、母親と疎遠になっている。一方、アントニオはイタリアで村長を務める父と母に、カミングアウトと同時に結婚の意志を伝えに行こうとするが――。
1989年3月21日、イタリア、タウリアノーヴァ生まれ。父は詩人、作家。イタリア国立映画実験センターを卒業。2010年より舞台、テレビ、映画で活躍。2015年公開の『Cenere』で映画初主演を飾った。2017年には、Rai製作のテレビシリーズで成功を収めた『Che Dio ci aiuti』のキャストに加わり、その後テレビシリーズ『Don Matteo』に出演。主演作『リッチョーネの日差しの下で』(20)がNetflixにて配信中。
1986年2月2日、イタリア、ナポリ生まれ。イタリアの犯罪ドラマテレビシリーズ『Gomorra: La serie』(14~)で主役を演じ、一躍有名に。主な出演作に『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』(17)、リュック・ベッソン監督の『TAXi ダイヤモンド・ミッション』(19)、人気テレビシリーズ『FARGO/ファーゴ』の第4シーズンなど。
1958年1月5日、イタリア、ローマ生まれ。映画、演劇、テレビで活躍。ヴィットリオ・デ・シーカ、ルイジ・コメンチーニ、マウロ・ボロニーニ、フェルザン・オズぺテクら名監督の作品に出演。『La Lupa』(96)で1997年イタリア・アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。主な出演作品に『続青い体験』(75)、『楡の木陰の愛』(76)、アラン・ドロン主演の『プレステージ』(79)、『スキャンダラス 鏡の中の背徳』(87)など。
1955年5月20日、イタリア、ミラノ生まれ。俳優、脚本家、コメディアン、テレビ司会者として活躍。イタリア国内の映画祭で数々の賞を受賞している実力派俳優。第64回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『エーゲ海の天使』 (93)、第50回カンヌ国際映画祭にて特別招待作品として上映された『ニルヴァーナ』(98) 、『ぼくは怖くない』 (04)などガブリエレ・サルバトレス監督作品に数多く出演している。その他の出演作に、『マラケシュ・エクスプレス』(93)『恋は結婚式の後で…』 (98)、『クリスマスの雪辱』 (04)など。本作の演技で2018年Golden Ciak賞助演男優賞にノミネート。
1971年5月5日、イタリア、ナポリ生まれ。現在イタリアで一番有名なウェディング・プランナー&デザイナー。テレビのコメンターとしても有名。ミラノのヨーロッパ・デザイン学院を卒業。ファッション業界でのキャリアをスタートさせ、ファッションショーやイベントの企画、新聞社の撮影現場を担当し、空間演出や空間デザインの分野でも貢献。イタリアの結婚式とイベントプランナーの目覚ましい発展は彼のおかげだといわれ、2009年には、エンツォ・ミッチョ・アカデミーを開校している。
1973年1月10日、イタリア、ミラノ生まれ。監督、脚本家、俳優。舞台俳優としてキャリアをスタートし、2007年に脚本を手掛けた舞台「Happy family」が大成功を収める。2010年に、『エーゲ海の天使』(93)でアカデミー外国語映画賞を受賞したガブリエレ・サルバトレス監督によって映画化され、共同脚本、助監督として参加したジェノヴェージは、本作でイタリア映画批評家協会賞脚本賞にノミネート。2011年に、『La peggior settimana della mia vita』で映画監督としてデビューを果たした。2018年にイタリアで公開された本作『天空の結婚式』は、Golden Ciak賞助演男優賞にノミネート、国際的なLGBTQ作品の映画祭であるOutflix国際映画祭で最優秀外国映画賞を受賞、イタリア国内興行でも成功を収めた。
『10 giorni senza mamma』(19)などのジェノヴェージ監督作品の撮影を手がける。主な作品に、トニ・セルヴィッロとダスティン・ホフマン出演の『L'uomo del labirint』(19)、トニ・セルヴィッロとジャン・レノが初共演を果たした『霧の中の少女』(20) 。
1953年9月3日、イタリア、パビア生まれ。ガブリエレ・ムッチーノ監督の『最後のキス』(13)で2001年イタリア・アカデミー賞、Golden Ciak賞など数多くの編集賞を受賞。主な作品に、ミケロンジェロ・アントニオーニ監督で95年ヴェネツィア映画祭国際批評家連盟賞を受賞した『愛のめぐりあい』(96)、イタリアで大ヒットしたオムニバス・ムービー『イタリア的、恋愛マニュアル』(07)、ガブリエレ・ムッチーノ監督の『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』(19)など。
1982年2月11日、イタリア、ローマ生まれ。『ラテン・ラバー』(17)で2015年イタリア・ゴールデングローブ賞作曲賞を受賞。主な作品に、『ゴッド・スピード・ユー!』(16)、『いつだってやめられる 7人の危ない教授たち』(18)、2020年イタリア・アカデミー賞音楽賞にノミネートされた、アレッサンドロ・ボルギ主演の『ザ・グレイテスト・キング』(19)など。